憧れのルパン三世の中でも、自分が最も影響を受けた"1st Edition"

それを飾っていた楽曲たちと、そのエンディングテーマを唄っていた、
チャーリー・コーセイさんを迎えて演奏してみたい。

そんな頭の中だけで描いていた夢が、今まさに現実になろうとしている。



応援してくれたみんなのお陰で、J-CROWD MUSIC目標シードを達成することが出来た。

心からお礼を言いたい。本当にありがとう。

これで”チャレンジ”から”実現”へ向けた1つのラインを超えることが出来た。

そして、ここからが本当の勝負だと思っている。

来たる、12月6日 恵比寿ガーデンホールで開催する"Taboo 15th Anniversary ~殺しの唄~”

このフリーライブで、チャーリー・コーセイさんとTHE MANで
この夢見てた楽曲たちを演奏します。

楽曲の作曲者でもある、山下毅雄さんへ最大のリスペクトを込めて。



そんな楽曲たちをただCDにパッケージすることも出来たと思う。

もしかしたら、手に届きやすいiTunesやMP3で聴いてもらう方法もあったと思う。

ただ、この夢の楽曲・ライブを"ただの夢”で終わらせたくない。



もちろん、ライブに来てくれる人とは、その夢を分かち合える日になるだろう。

ただ、たった1日限りのイベントだから来れない人が多いことも聞いている。

だったら、その夢の時間をなるべくその瞬間に近いクオリティで、みんなに届けられるようにしたい。

そんな想いで、最高音質のライブレコーディングをしたいと思った。



そして実現のフィールドに立った今、さらに良い音でみんなに届けたいという想いが芽生えてきた。

当初、想定していたものより、さらに上の最高音質を目指したい。

無謀と思われるかもしれないが、敢えて挑戦したい。

またこの夢の成功の為に、まだまだみんなの力を貸して欲しい。

そして応援してくれたみんなに、その最高音質のライブを誰よりも早く届けいたい。



多くの人に応援してもらえるように、様々なプランを用意した。

この夢を多くのみんなと共有出来たときこそが”成功"と言えるはずだから。



みんなからの応援だけがこの新たな挑戦を成功に導いてくれます。

プロジェクト終了の瞬間まで、みんなからの応援を宜しくお願いします。


冷牟田 竜之


J-CROWD MUSIC

冷牟田竜之 presents
Taboo 15th Anniversary 〜殺しの唄〜